~日新グループ 日新林業株式会社……南洋材製品等部門(シーラカンス部門)のホームページへようこそ~ 

 

ビフォーアフター!

 

ビフォーアフター!施工前と施工後の比較写真 

ビフォーアフター!施工前と施工後の比較写真 
 
築130年の旧家
正門両サイドの腰壁です。
鎧壁になってました。
長年の雨風・風雪、山陰の湿気に耐えてますが
施主様より見た目をなんとかしてほしいとの依頼。
と言いますのも、他の壁も表面劣化はしておりますが
この部分=2カ所のみが劣化が激しく
当然、見た目が気になるのでありました。
明らかに、この部分は130年は経っていなかったのでありますが  
手で触診しますと木は元気で、生き生きしておりました。
 
張り替えなんてもってのほか
 
桃の種サンドブラストにて再生させます。
 
左の写真が施術前(ビフォー)
右の写真が施術後(アフター)
 
右の施術後写真は桃の種サンドブラストをあてた直後の状態です。
女性の‘お肌のケア’でいいますと
夏の日焼けで傷んだ肌をクレンジングしたところです。
このあと保湿ローションに入ります。
施主様は、このままで十分とおっしゃいましたが
それでは、赤ちゃんのお肌を夏の日差しにあてる事になるため、
きちんとケアしフェース保護致しますと!説明いたしました。
このケースで申し上げますと
この直後より!
含浸古色塗装を施術するのです。
 
含浸古色塗装を無事施術完了しすべての施工が完了しました。
 
施主様のお父様や、おじい様、さらにもっと先のご先祖様が
木に造詣が深く、良いものを仕立てられていた場合は
この施術をすると木が生かされます。
松江城や、周辺の武家屋敷、歴史ある寺社仏閣すべてが
この施術ケースにあてはまります。
 
目細の木(年輪のつまった木)
大事に育てられた木(銘木の産地より出た木)
手入れの良い木(数百年変わらず育林してる木)
 
これらの産地より産出された木で製作された板材や角材は何十年・100年と生きています。
 
新建材や、最近の植林木で張り替え工事をするなんて事だけは
何としても避けなければなりません 
 
先人の思いを若さんや、お嫁さん、孫さんにきっちりと
お伝えすべく 
 
これからも再生屋は施術し続けたいと思います。
 
※<桃の種サンドブラスト>
 国産の桃の種を乾燥させ、破砕し砂状にしたものを
 高圧のエアーのみで噴射し施工面の汚れやカビ、弱くなった表面劣化部分を
 除去します。薬剤や水を使いませんので木が痛みません。
 桃の種は自然素材ですので土にかえります。
 
 お寺の住職さまにもきっと喜んでいただけますよ。
 

最終はこのようになりました!

最終はこのようになりました!
 
 
 

土壁が内部から膨れてるケース

土壁が内部から膨れてるケース
 
 
 

桃の種 サンドブラスト処理 施術(前)~施術(後)

桃の種 サンドブラスト処理 施術(前)~施術(後)
 

板戸は取り替えのケースが多いです。

板戸は取り替えのケースが多いです。
 
 
 

長年の風雨にて取り替えせざるを得ないケース

長年の風雨にて取り替えせざるを得ないケース
qrcode.png
http://woodlife.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
日新林業株式会社 境港事務所
境港工場
〒684-0075
鳥取県境港市西工業団地88番地
TEL:0859-44-3311
FAX:0859-42-3555

担当:梶谷 透(携帯)
090-5693-4365
<<日新林業株式会社 新日本工場>> 〒684-0075 鳥取県境港市西工業団地88番地 TEL:0859-44-3311 FAX:0859-42-3555