~日新グループ 日新林業株式会社……南洋材製品等部門(シーラカンス部門)のホームページへようこそ~ 

 
 

日新林業株式会社から新着情報 / What's new & Informa

日新林業株式会社から新着情報 / What's new & Informa
 
地松風(上小無地)カベ板です!
2011-06-09
赤と白のコントラストは!
まさに地松の風合いです。 
 
この松の(上小無地)カベ板はぜひとも
山陰の老舗材木問屋さまに使って頂きたい
商品です。
 
山陰の大工さんに
大ウケですよ 
 
施主様も喜ばれるでしょうね。
 
よろしくお願いします 
 
 
 
 
サイズ
 
厚み             10mm
巾(目透かし有効)       90mm
長さ           2,000mm
 
樹種    地松風/FSC植林パイン
 
※無塗装品
※エンドマッチ有り。
 
『リニューアル木製看板』完成です!
2011-06-08
14日間の養生期間を終え
 
待ちに待った
木製看板が完成しました。
 
30年の黒ずみ雨染みをウォールナットビーズにて
クリーニングし、
 
胡粉(数十年乾燥させたハマグリの殻を粉にしたもの)と
ニカワによる白文字入れをし、
 
最後に本柿渋(豆渋柿の絞り汁)による保護塗装をして完成しました。
 
先人の思いを次の世代へと繋げられたと
関係者、皆で喜びました。 
 
お世話になった皆様、
ありがとうございました。
 
今後とも、
どうぞ宜しくご指導お願い申し上げます。 
 
ケンパス枕木(B)クレオソートR浸油材出荷です!
2011-06-07
今年の山陰は早い梅雨入り+カラ梅雨模様です。
 
その影響か6月も枕木の御用命を
 
ちょこちょこと連日受けております 
 
 
有りがたい事に
ケンパス枕木(B)クレオソートR浸油材の
2100L*140*200の出荷となりました。
 
お庭のガーデニング材料として
活躍するそうです。
 
 
地元問屋の社長様、営業担当者さま
関係者のみなさま
そして
 
施主さま
本当にありがとうございます 
 
素敵なガーデニングの完成
楽しみに待っております。 
 
 
サイズ
 
厚み             140mm
巾               200mm
長さ           2,100mm
数量              13本
樹種            ケンパス枕木(B品)
仕様        クレオソートR(浸油)
用途         ガーデニング用
 
ウォールナットビーズ処理のポイント!
2011-06-06
全国の各自治体様に向けて
 
限られた予算配分の厳しい財政状況の中での
経費削減の切り札として
ウォールナットビーズ処理による
リニューアル施工を提案出来ます。
 
樹種は、問いません。杉・桧などの柔らかい樹種に
関しましては、顕著な浮き造りのように
杢目がたって仕上がります。
 
取り外しが出来ない東屋・大型木製看板・木製サイン
お寺の鐘つき堂などでは、
現場にてウォールナットビーズ処理を施工します。
塗装まで完了して1日もしくは、
2日もあれば十分完了することが出来るのです。
 
ポイントは一つです!
 
車の車検と同じく基本料金として
50,000円~のスタートとなります。
 
機械のリース料+人役料これだけで
ふっとびますので 
 
例えば、新規製作で300,000円かかる
木製サインであれば、
 
このウォールナットビーズ処理によるリニューアルを
することにより半値以下で十分施工が可能となります。
 
高額な東屋であれば、新規施工費の1/8で済むケースも
十分考えられます。
(1/3と考えておかれれば良いかと思います)
 
全国の自治体の皆さま!
財政難!財政難!の大嵐で予算配分もままならない
この時代ですが・・・・・・・ 。
 
是非御一考を、よろしくお願い致します。
 
 
 
写真は、
 
ウォールナットビーズ処理前の
木製看板。
35年の風雨に耐えてきた欅の木製看板です。
 
このあと、ウォールナットビーズ処理に入り
彫りこみ文字の中に
胡粉による(30年風化させて作るハマグリの貝殻粉+ニカワ)
白文字を入れ
全体に本柿渋を(搾りたて渋柿100%)
保護塗料として施工。
 
乾燥の為⇒14日間の養生となります。
 
ウォールナットビーズ処理とは!
2011-06-05
35年以上前の木製製品は、
 
かなりの確率で
 
とても高級な高価な耐久性大の材料により
製作されております。 
 
例えば、
 
25年前の公共物件:東屋などは
超目細のピーラ―材が使われていたり 
 
20年前の東屋・コンビネーション遊具は
カリフォルニア・レッドウッドの親木
が使われていたりします  
 
今ではまず入手困難な!
樹齢数百年を超える
信じがたい材料のオンパレードでした。
 
 
小さなお子さんを持っておられるお母さんが
自分が子供の頃遊んでいた公園に
お子さんを連れて遊びに行った時 
 
公園の木製遊具が灰色っぽくはなってるけど
当時と変わらぬ風景をもっていたら
 
それが、超高級木製遊具であったわけであります。
 
良い材料は、いつまで経っても使い込む事が出来きるんですね。
 
代々続く老舗の看板や、お寺の材料などもこの例の
はるか上をいきます。
 
もし、
全国の自治体の若いリーダーの方が
その事にうっかり気がつかれない時は
 
ベテランの方がサポートしてさしあげて下さい。
 
当時、高級高耐久の材料にて製作しておられた場合
造り換えをされる必要はありません。
 
市や、町の文化財。
バブル時=十分な予算があった時代の公共物。
お寺の鐘つき堂や、武家屋敷の黒壁、大型の木製看板、
老舗和菓子店の木製看板などなど・・・。
 
 
こんな方法もあるのです。
 
ウォールナットビーズ処理です。
 
長年風雨にさらされて表面が黒く灰色になった
木部に植物の種を細かく砕いたウォールナットビーズにて
高速噴射し表面を綺麗にする方法です。
(100%植物材料ですから、環境を汚染しません。
エコ商品+エコ手法です  ) 
 
あとは、それぞれの塗装なり表面処理をし
つぎの世代に引き継ぐのです。
 
こうすれば、先代さま、先々代さまの
御意志を
また新たに引き継いで行くことが可能となります。
 
全国の自治体のみなさん、
予算が無く放置された公共物件や、
予算がなく廃棄される予定の公共物の履歴を
もう一度調べてみてください。
木材の樹種・名前を見れば、実は宝の山だった って事が
 
多々ありますよ!
 
 
写真は、
 
35年前に製作され風雨に耐えてきた
‘手彫りこみ’木製看板を 
 
ウォールナットビーズ処理した直後の写真。
 
樹種はケヤキです。
 
良いものは、いつまで経っても良いですね。 
 
ハーブ園に咲く白い花!
2011-06-04
ハーブ園に咲く白い花です。
 
6月は雨が降ったり降らなかったり
 
湿度も急上昇したり
カラッとしたり
 
体調管理に気をつけたい月です。
 
これを過ぎると 
 
またまた、とんでもない猛暑の到来なんでしょうか 
 
 
今年の夏はどうなるやら 
 
 
 
戦々恐々の今日この頃です・・・・・・・。
 
こんな感じに落ち着きました・・・・・!
2011-06-03
平成23年6月10日(金)~7月24日(日)まで
 
松江市北堀町310-5
田部美術館さんでは、
 
四季の茶道具『梅雨の色』展がスタートします。
 
 
茶碗はもちろんですが!
 
花入れ・香合・茶入れ・水差し・茶杓、
北大路魯山人の菓子器まで展示されます 
 
 
全国の皆さんには、どうやって興味を引いていただこうか 
 
と迷ったのですが 
 
面白いお話がありました!
 
数年前でしたか
 
東京の有名TV『開運なんでも◎◎◎』に
島根県の方が出品された
お抹茶茶わんに6,000万円の値段がつきました。
 
このような名品が松江市を中心に、安来市・出雲市・平田市
周辺都市に戦前・戦中・戦後。たくさん拡散してしまったのです。
 
それを、なんとしてもこの島根に残そうとされたのが、
この田部美術館の道であったと聞いた事があります。
 
値段のつけれない名品が所蔵されております。
 
全国のみなさま、
機会があれば、どうぞ中島 誠之助先生になったつもりで
 
是非!ご覧くださいませ。 
 
田部美術館さま!木製案内プレート完成です。
2011-06-02
平成23年4月23日(土)~6月5日(日)まで
 
松江市北堀町310-5
田部美術館さんにて
 
茶の湯の造形展が開催されております。
 
山陰をはじめ中国地方、遠くは神戸・山口の
工芸作家の皆様が出品されております。
大賞作品、優秀作品、入選作品
75名の新鋭、ベテランの作家の作品です。
 
梅雨の合間をみて
ぜひとも皆さん、観賞される事をおすすめ致します。
 
松江市の堀川遊覧船も興味深く
 
実際乗って見て、面白かったです 
 
小さな子供達を是非乗せてやってください。
良い思い出になる事 
 
間違い無しです。
 
田部美術館さんから、歩く事3分。
 
明々庵(めいめいあん)もいいですねー。
 
松平不昧公ゆかりの茶室を主とする古庵です。
 
こちらも是非 
 
梅雨に咲く花。
2011-06-01
早いもので
 
もう6月がスタートします。
 
梅雨真っ盛り・・・・。
 
市況も梅雨のような
ジメジメとした商況真っ盛りの
 
今日この頃です。 
 
 
梅雨を過ぎれば
 
明るい夏がやってきます。
 
今月も皆様どうぞ
 
よろしくご指導お願い申し上げます。
 
APFカラーの‘ご要望’
2011-05-30
APF(アピトン・フローリング)の塗装品に関しましての
お問い合わせが来ております。
 
APFに塗装をしますとヤニ止めシ―ラーを下塗りし
本塗装の段取りをしなくてはなりません。
 
当然割高となります。
 
①等品に塗装をするという事になりますと
国内塗装では、まずご理解頂けない単価となって
しまいます。
 
唯一、自然塗料による汚れ止めを目的とした
オスモカラ―塗装ですと
なんとかご理解頂けたというのが
今までの経過でありました。(Aグレード使用)
 
今回、国内の大手塗料メーカーさまより
ご提案戴きまして
 
ヤニ止めクリアー塗装品をご用意出来る運びと
なりましたので、
此処で紹介致します。
 
活気的な事は、基盤となるAPFを
①等=Aグレードではなく
 
③等=Cグレードを使用し、コストダウンに成功。
ヤニ止めに成功。質感のアップに成功 
している事です。
 
現段階では、
地場木材商様に3m品にて取引させてもらってます。
 
全国の皆さま、この面白い質感で新しい提案物件に
是非よろしくお願い致します。 
 
 
 
厚み      14mm
働き巾    110mm
長さ     3,000mm
数量      物件対応
樹種    フローター・アピトン(M島産)
仕様    APF(アピトンフローリング・フローター仕様)
    (ヤニストップ・カラ―)=Cグレード使用
 
 
(下に敷いてる、乱尺フロアーは
寺社仏閣さまに使って頂いてる柱や框や鴨居用の
部材を利用したムアガ・フローリング)
qrcode.png
http://woodlife.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
日新林業株式会社 境港事務所
境港工場
〒684-0075
鳥取県境港市西工業団地88番地
TEL:0859-44-3311
FAX:0859-42-3555

担当:梶谷 透(携帯)
090-5693-4365
<<日新林業株式会社 新日本工場>> 〒684-0075 鳥取県境港市西工業団地88番地 TEL:0859-44-3311 FAX:0859-42-3555